ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

かるあ・ぽいけ 

3月8日
2週間遡って3月8日。
2月に散策したポイケ半島再訪。今度は仕事抜き、連れと島に住む友人と3人で。
かなりアヤフヤだった見処へのアクセスを、忘れんうちに復習しときましょって事で。








ポイケ再訪
確認トレッキングってなワケでコースは前回とほぼ一緒。
先ずはマウンがパレヘを目指して登頂。頂上のモアイさんへご挨拶。


位置確認
ほいで下った処にある祭壇へ。


ココまでは…
崖の上をちょっと行った辺りにペトログリフ。
ココまではまぁ、そんなに難しくない。問題はこの先の洞窟なんだけど…


スンナリ見付かった
意外な程アッサリと発見アナオケケ。やっぱそんなに間を空けずに来りゃ勘も鈍らんモンなんだなぁ。
奥へは入り込まずに次のポイントへ。


コレもそうか
海沿いから離れてアフリキリキへ。歩く事凡そ30分、なんか狙いが外れたらしく祭壇が見当たらない。
けれども迷った先にもモアイさんが逆さでゴロリ。コイツとは初見かもなぁ得した気分。


リキリキさん
逆さモアイさんからそんなに遠くない処にリキリキ発見。
強ち見当外れな方向へ歩いとったワケじゃなかったのね。


ハレヴァカ
ただ、逆に考えたら怖かったりもする。
大した目標もない草原、微妙なズレで観るべきモノの殆ど脇を気付かずに… なんて事だってあるかも知れんのだ。


プアカティキ中腹
気を取り直して前進。お次はポイケ半島最高峰、プアカティキの中腹へ。
ココにもモアイさん。島に現存する内じゃ最小のモアイさんってのはコレだと思う。


ヴァイアヘヴァさん
んでもって最後はデカ顏ヴァイアヘヴァさん。
見学ポイントっつったらこんなモンだよな。今回はかなりスムーズに巡れたねぇ。

半島の付け根で下車、歩き始めてから車へ戻るまで大体5時間ってとこ。
全行程上り下りが続くその疲労度まで考慮したら、ポイケトレッキングにゃ1日掛ける覚悟が要るモノかと。
スポンサーサイト
2015年03月22日 00:47|雑記トラックバック:0コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://paihenga.blog101.fc2.com/tb.php/1832-72cd4a4d

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.