ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

いな・へ・うあ・まう 

7月18日
7月18日。お1人様をホテルへ迎える。
翌々日、島を発つまでガッツリ島巡り。

天気予報は連日雨。空や風をよんだトコロで好転する兆し窺えず。
ずぶ濡れの覚悟をシッカリ決めて出掛けるも、巡る順序を大胆に変えてみたトコ意外にも雨を受けずに観光を進められる。

デッカいのが集まるラノララクとトンガリキじゃ奇跡的に晴れ。
初日に訪れちまって正解だった。

「いつもは雨女なんですよ~」 とご一緒の方。モアイさんの為に、今まで晴れ運を溜めてこられたのか知らん?
降られちまった処もあったけれども、ガッカリなラパヌイ滞在にゃならなかったモノかと…

ご来島ありがとさんでした。

この記事の続きを読む…
スポンサーサイト
2018年07月28日 13:13|トラックバック:0コメント:0

き・すみそにあ~のす 

7月5日
7月5日。お1人様と終日島巡り。
出発時は好い空模様。早いうちにビーチに寄るも、モアイさん達の顔は暗い。季節柄順光じゃ拝めない。

昼頃から雲が、ドンヨリとまでは言わんモノの厚くなりだす。
お天道さんが隠れると半袖じゃ肌寒いくらい。常夏の島じゃあないんですよ。

6月頃から随分と雨が多くなってきた気がする。カラカラだったラノララクのカルデラにまた水が溜まってきた。
マッタク降らんってのも困りモノ。まぁ観光中に降られないってのは助かるけどね。


お1人様は翌日島を発ち、向かうはスミソニアン博物館だそう。
小っこい孤島から有数の大都会へ。なんとまぁ自由奔放な旅だコト。

ワシントンD.C. でも楽しめましたかね?
ご来島ありがとさんでした。

この記事の続きを読む…
2018年07月15日 01:02|トラックバック:0コメント:1

の~・あとぅ 

6月26日
6月25日の夕刻頃、日本の方々を乗せたチャータ機到着。
今回は島を発つ翌々27日まで、とあるグループとご一緒させて貰う役柄。

観光の間、天候が大きく崩れる事はなし。サンライズもまぁ見応えはあったかと。
途中牛渋滞にハマったりしつつも予定されたポイントは不足なく巡る。ちょっと急ぎ足でしたかね、お疲れさんでした。


別れ際、お1人から 「僻地で働くなんて可哀想」 的なご意見を頂く。
ワシっちゃそんなに惨めに見えるのか知らん? 憐れみを乞うようなつもりは微塵もなく、寧ろ結構満喫しとるつもりなんですけど…

この記事の続きを読む…
2018年07月10日 00:54|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.