ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

いてぃねらりおす・お・て・まぬ・いて・るてぃ 2015 

何とかならんのか…?
本日の昼便にてカナダ人のおばちゃん到着。
「日本人ですかぁ~!」 と日本語で驚きながら空港から出てくる。コッチが驚いたわ。

「もう忘れてきてますけど…」 ちょっとたどたどしいけれど単語単語は綺麗な発音。
今年の2月も北海道へスキーしに行ったんだって。親日家と会うのはやっぱり嬉しい。

ヨカッタすね、昨日は嵐だったんだけれど落ち着いてきてくれとる。
しかし、雨の度に泥のプールと化す空港駐車場はなんとかならんのか…?


何はともあれ11月のラン航空ラパヌイ発着スケジュール。
今月分はアゲてなかったんすね。丁度マックが逝っちまってテンパっとったモンだから… スマン。

兎に角、11月からLA843-844往復便の日程が、以前は土‐日の夜間運航だったのが、木‐金に変わります。
週末の深夜送迎がなくなるワケだ、アリガタヤ。

その他の変更、便の増減だったりの情報は今んとこなし。
今年度のハイシーズン臨時便は何時頃投入されるのか? またタパティ祭の前後のみかな?


そういや2016年のタパティ祭は、1月29日 (金) ~2月14日 (日) での開催が決まったみたいですよ。
コチラのリンク先にゃイベントのプログラムまで載っとりますが、よく見ると “変更の可能性あり” ともある。
今回もどうせギリギリにならんとハッキリせんのだろうなぁ…


日曜日:

 LA841 : 10:30 [ SCL 発] → 14:05 [ IPC 着] 所要 5時間35分
 LA842 : 15:35 [ IPC 発] → 22:20 [ SCL 着] 所要 4時間45分


月曜日:

 LA841 : 10:30 [ SCL 発] → 14:05 [ IPC 着] 所要 5時間35分
 LA842 : 15:35 [ IPC 発] → 22:20 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA833 : 19:35 [ SCL 発] → 23:10 [ IPC 着] 所要 5時間35分


火曜日:

 LA833 : 00:40 [ IPC 発] → 01:30 [ PPT 着] 所要 5時間50分
 LA836 : 03:00 [ PPT 発] → 13:20 [ IPC 着] 所要 5時間20分
  同便 : 14:50 [ IPC 発] → 21:35 [ SCL 着] 所要 4時間45分


水曜日:

 LA841 : 10:30 [ SCL 発] → 14:05 [ IPC 着] 所要 5時間35分
 LA842 : 15:35 [ IPC 発] → 22:20 [ SCL 着] 所要 4時間45分


木曜日:

 LA841 : 10:30 [ SCL 発] → 14:05 [ IPC 着] 所要 5時間35分
 LA842 : 15:35 [ IPC 発] → 22:20 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA843 : 19:35 [ SCL 発] → 23:10 [ IPC 着] 所要 5時間35分


金曜日:

 LA844 : 00:40 [ IPC 発] → 07:25 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA841 : 10:30 [ SCL 発] → 14:05 [ IPC 着] 所要 5時間35分
 LA842 : 15:35 [ IPC 発] → 22:20 [ SCL 着] 所要 4時間45分


土曜日:

 LA841 : 08:45 [ SCL 発] → 12:20 [ IPC 着] 所要 5時間35分
 LA842 : 13:55 [ IPC 発] → 20:40 [ SCL 着] 所要 4時間45分


※註:
 ・ LA○○○ = 便名
 ・ IPC = マタベリ (ラパヌイ)、SCL = サンティアゴ (チリ)、PPT = パペエテ (タヒチ)
 ・ 2015年11月末日までのスケジュール (一応)
 ・ LAN.comFlightMapper.Net調べ
スポンサーサイト
2015年10月31日 17:08|トラックバック:0コメント:0

あうとでてるみなしおん 

住民投票
10月25日、日曜日の噺。

国立公園に指定された、主に遺跡を含む島内の地域の運営について、今後どうなるかを占う住民投票が行われる。
ラパヌイの急進的な独立支持派が今年の3月末から9月の半ばまでその公園地域を占拠しとった (2015年10月現在は占拠が解かれて平常) のを受けて、いい機会だから島民の意見を改めて確認しようじゃないかってのが趣旨だったと理解しとる。

今回の投票は意見調査型。チリ政府からの質問が幾つかあって、有権者がソレ等に書面で各々回答するってな形式。
飽くまでラパヌイの本音を伺う場だとして、数週間前から政府の主催するセミナーを先住民と開いたりしながら、政府側はどういった問い掛けにすべきかを模索しとった。

つか、投票が決まった当初はそういう姿勢を前面に出しとった。
ソコでセミナーの仕舞いに、先住民の大勢は、 “史跡やその資力の調査云々も含めた国立公園の管理運営を、ラパヌイである貴方達は全て引き受けたいと思いますか?” といった内容にしてくれと要望。

コレを知った時、ワシゃ少なからず魂消たんだが。
政府やパークレンジャーへの不満は誰でも口にするから、リクエストにゃ 「お前ら出てけ!」 的なニュアンスをヤンワリにせよ臭わせるんだろうと思っとったとこ、 「ウチ等の手に負えないかも知れんってくらい大変なんだよ」 と読めなくもない。

今回の占拠騒動で結局、ラパヌイは今の自力を知っちまったんだろうね。
この騒動は要約すりゃ占拠側の統率力の欠如を経て公園管理費で困った時点で終息した。独自運営の時期じゃ未だないと、大方の漸進的なラパヌイは判断したんだろう。

譲歩も多分に感じられて恐らくその場じゃ好い顔をしたんじゃないか、 政府側は納得して、 (イキナリの問いだったら答えに詰まる人も居るだろうから) 投票の3日前までには内容を公表する約束と共に、実際の質問を作成する為に要望を持ち帰ったと聞く。

にも拘らず政府側が問いを明らかにしたのは、投票2日前を切った金曜日の午後。
蓋を開けてみりゃ、先住民側の要望したモノに加え、 “それでは、今後誰が管理すべきですか?” 、 “今後誰がその管理を監査すべきですか?” 、 “今後誰がその資産の運営をすべきですか?” といった項目が付与されとったとか。

公表期日を守らなかった点、足された問いが現状政府側に頼るといった回答にならざるを得ない項目な点等から正当性を欠くとして、ハンガロア村長をはじめ島の有力者は挙って投票辞退。
金曜日の夕方からはローカルラジオでも否投票派が論陣を張っとった上、当日も投票所前でキャンペーン。


結果、有効投票数は、チリ本土に住む在外投票を含めて320。
投票権を与えられたのは、ラパヌイ先住民と認められた成人の数だろう大体2,000人だったらしい。2割を切る投票率。

速報では320票中の243票が、国立公園はチリとの連携の下で管理運営していくべきとの回答だったと。
パークレンジャーを率いるチリ半民半官の森林局 (CONAF) からは透かさず、投票の数値結果から凡そ87%の支持を得たとして、変わらずラパヌイ国立公園の管轄で居れる喜びと決意の表明。

…違うんだよなぁ。こういう結果を見越して、強いて言やコレを根拠に永続的にされるが儘な体制を敷かれる可能性に対してNOを突き付ける為に、ラパヌイの大半は投票に行かなかったんだと思うんだけど。


ローカルラジオじゃ今日も、
「コレが始まりだから。他人に舵を任せるのか、自ら執るのか、今後の私達の行動が重要になる」
みたいに、希望を捨てるなと発揚しとる。

ラパヌイで十余年生活しとるワシゃどうしたってラパヌイ寄りになっちまうってのもまぁ否めないんだが、先祖代々住んどる土地や己のご先祖様が築き上げた遺跡なんかを、民族的に関係ない、しかも細かい処まで誠意的に扱ってくれとるようにゃ窺えん輩にソレらの管理を託すってのが、どのくらいセンシティブなテーマなのかって事くらいは、チリ側にも解って欲しい。
2015年10月30日 22:39|雑記トラックバック:0コメント:0

もてぃほ・いて・ぽ~あ~ 

10月19日
10月19日。
前日とは打って変わって愚図つく朝。

午前中に眺めの好いラノカウ山へ登っちまう予定だったんだが、生憎山頂が見えないくらいの雲…
この天候じゃ何処へ行ったってドンヨリだろう。だからってココで観光を見合わせる時間的余裕はないから立ち止まるワケにもいかん。

さてどうすんべ? 考え抜いた挙句、先ずはそんな空模様にも合うだろう、ワシん中じゃドッチかってと悲しいイメージのヴィナプへ向かう。
山へ登るにも別のポイントへ向かうにも都合の好い場所だ。ココを起点に観光を組み立てる事にする。

この記事の続きを読む…
2015年10月27日 21:42|トラックバック:0コメント:0

べあべあ・て・らあ 

10月18日
10月18日。
前日到着されたお1人様との観光開始。

2日前の雲は何処へやら。快晴の下島を縦断、先ずは北のアナケナへ。
夏が近くなってきて日の出が随分と南寄りに。朝はナウナウさん達のご尊顔ハッキリ。

この記事の続きを読む…
2015年10月26日 17:54|トラックバック:0コメント:0

ありんが・お・もあい 

10月16日
10月16日。
前日到着された日本人お1人様から急遽頂いたガイド依頼を請けての終日観光。

「 (観光に充てる時間は1日しかないから、) ココはっ! なんてを処をピックアップして」
「あんまりメジャーじゃないなんてのも観てみたい」
これら2つのリクエストを同時に叶えるのはナカナカ厳しいかも知れんけれど… 試みてみましょうか。

先ずは島の南端、ラノカウ山頂のオロンゴへ。
島イチバンの景勝地、加えてモアイさん文化とはちょっと離れた儀式が催されとった地って事で、ワシ個人的にゃ是非とも訪れて貰いたいポイントだったり。

この記事の続きを読む…
2015年10月24日 23:58|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.