ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

いてぃねらりおす・お・て・まぬ・いて・てぃてま 2012 

ディレイにゃもうウンザリ
11月最終日。
月末お決まりのラン航空ラパヌイ関連便翌月スケジュールです。

なんかね、最近ディレイだったり僅かだけれどギリギリで変更されたりで案内通りに運航されん事が多くなってきたモンでこの記事もなんだかなーと思いながら綴っとりますよこのシリーズはハッキリ言って最早惰性。

まぁ島へ来られる方々への多少なりの指標にでもなってくれりゃあと。
ラパヌイ便は何日に何便何処の空港から運航してるのかーってのが判って頂けりゃあヨシ。時刻は変動アリなんでそこら辺もヨロシク。

兎にも角にも今年も残すとこ12月のみ。
これから数ヶ月は名実共にハイシーズンですよ。タダでさえギリギリな具合に忙しいんだ大きな遅延はナシで頼むよ。


日曜日:
 LA848 : 01:20 [ LIM 発] → 06:55 [ IPC 着] 所要 5時間35分
  同便 : 07:55 [ IPC 発] → 14:40 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA847 : 13:35 [ SCL 発] → 17:15 [ IPC 着] 所要 5時間40分
  同便 : 18:15 [ IPC 発] → 23:10 [ LIM 着] 所要 4時間55分

月曜日:
 LA841 : 09:30 [ SCL 発] → 13:10 [ IPC 着] 所要 5時間40分
 LA842 : 14:10 [ IPC 発] → 20:55 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA833 : 17:25 [ SCL 発] → 21:05 [ IPC 着] 所要 5時間40分
  同便 : 22:15 [ IPC 発] → 23:15 [ PPT 着] 所要 6時間00分

火曜日:
 LA836 : 00:20 [ PPT 発] → 11:05 [ IPC 着] 所要 5時間45分
  同便 : 12:15 [ IPC 発] → 19:00 [ SCL 着] 所要 4時間45分

水曜日:
 LA848 : 01:20 [ LIM 発] → 06:55 [ IPC 着] 所要 5時間35分
  同便 : 07:55 [ IPC 発] → 14:40 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA847 : 13:35 [ SCL 発] → 17:15 [ IPC 着] 所要 5時間40分
  同便 : 18:15 [ IPC 発] → 23:10 [ LIM 着] 所要 4時間55分

木曜日:
 LA841 : 09:30 [ SCL 発] → 13:10 [ IPC 着] 所要 5時間40分
 LA842 : 14:10 [ IPC 発] → 20:55 [ SCL 着] 所要 4時間45分

金曜日:
 LA841 : 09:30 [ SCL 発] → 13:10 [ IPC 着] 所要 5時間40分
 LA842 : 14:10 [ IPC 発] → 20:55 [ SCL 着] 所要 4時間45分

土曜日:
 LA841 : 09:30 [ SCL 発] → 13:10 [ IPC 着] 所要 5時間40分
 LA842 : 14:10 [ IPC 発] → 20:55 [ SCL 着] 所要 4時間45分


※註:
 ・ LA○○○ = 便名
 ・ IPC = マタベリ (ラパヌイ)、SCL = サンティアゴ (チリ)、PPT = パペエテ (タヒチ)、LIM = リマ (ペルー)
 ・ 12月末日までのスケジュール (一応)
 ・ LAN.com 調べ
スポンサーサイト
2012年11月30日 09:15|トラックバック:0コメント:0

モアイさんチリ出港 

日本へ向かって航海中
日経電子版、4日前の記事。
被災地に向けモアイ像が出港 チリ、南三陸町に寄贈

漸く南三陸へ向けて発ったようですなぁ。
一時は 「船が壊れちまった!」 とかでいつラパヌイを出れるかも判らんなんて海軍が言っとりましたが、何時の間にか本土へ搬送されて、先日バルパライソで式典を催した後に出港したとか云々。

日本へは年末くらいに着くみたいですよ。
直接届けん真意は知らんですが、 「各都市を回って展示された後、来年5月25日前後に南三陸町で引き渡し式典が行われる」 そう。

そういやこのあいだ、知事さんの娘であるウチのボスの奥さんが、 「なんかねー日本でのセレモニーは5月みたいよ。アタシも合わせて行こうかしらね?5月は何が美味しいの?」 とか訊いてきたな。
制作を担ったトゥキ家の数名が招待されるってんで着いて行きたいんだって。


兎にも角にも船旅の無事を祈っとる次第です。
しかし記事にゃ 「まげや台座も合わせると高さ約5メートル、重さ6トンの巨大像」 とあるんだよね。台座ってアフの事だと思うけど、コッチじゃそんなの見掛けんかったんだよな。
ベネさんが 「日本で造ってやるんだ」 なんて言っとった気はしますが。


参照:

Exhiben moai que será enviado a Japón como obsequio
Desde Valparaíso zarpará réplica de moai prometida por el Presidente Piñera a Japón


関連記事:

志津川のモアイさん
モアイを復興の象徴に
チリ大統領 モアイ寄贈を約束
志津川へ
いなぐらしおん・お・て・おぴたら・あぴ
2012年11月29日 16:25|トラックバック:0コメント:2

いな・かい・こ・たんがた・うあ 

2日目も好天
自称雨男さんとのツアーは連日晴れとなりましたよ。
2日目オロンゴからの眺めもスッキリ。コレで悪評が払拭さるでしょうな。


ペトログリフも
近寄れなくなっちまってなんだかよく判らんペトログリフもこの通り。


こんくらい見えた
お天道さんの角度まで好くってハッキリと拝めましたわ。


繋がれ雄牛
プライベートだからってんで他社のツアーと重ならんよう動けたのも吉。
殆どのポイントで悠々閑々と観光。


赤モアイさん
混みがちな赤いモアイさん前だって独占状態ジックリ鑑賞。


海も穏やか
いつもは波が高めな海も不思議な程穏やかで綺麗でしたね。
静かな磯でもちょっと休憩。


お疲れさんでした
んで本日早朝LA848便にて、バッチリ醒めとらんかったのかチェックインカウンタの手際極悪でテイクオフが30分程押したものの、大きなトラブルはなくサンティアゴへご出発。
こんくらいならまぁ乗り継ぎにゃあ支障ないでしょうな。お疲れさんでした。

また機会があれば、今度は彼女さんとお越しくださいな。
晴れるんだぞって事を存分に見せ付けてやりましょ。


さてと、お次は午後のLA847便からグループのドライバアテンドだ。
今年後半は引っ切り無しですねぇ有り難いっすホントに。
2012年11月28日 11:59|トラックバック:0コメント:0

えんとら〜だ・あんてぃ〜ぐあ 

臨時入山口
一昨日到着された日本の方と昨日は終日島内観光。
先週から始まったラノララク付近の未舗装道改修工事は案の定未だ終わる気配なし。

パークレンジャーによりゃ、役場の連中だから週末は当然の事ながら仕事なんかしに来る筈がなく、月曜日になって本土から補給船が到着して荷揚げで手一杯と。
結局工事は3日間滞っとる状態。 「多分、あと1週間ぐらいダラダラとやるんじゃね?」

やっぱそうなるかホントにもう…
兎に角モアイさん工場へは現状、臨時に設置された、むかぁ〜し昔の入山口から入りますよ。

この記事の続きを読む…
2012年11月27日 09:15|雑記トラックバック:0コメント:0

かぺ・えりま 

缶コーヒーオトナ買い
とある商店で見付けたモンだから、衝動的に一通り揃えてみましたよ。
コッチの世界じゃ缶コーヒーってのはそりゃもう珍しいワケです。

…味はぶっちゃけホントにコーヒーなんですか?って感じ。何故か雷おこしみたいな後味。
値段はよく覚えとらんのですが1本1,000チリペソ、2米ドル強ってとこだったと思いますわ。
2012年11月26日 07:56|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.