ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

チリ大統領 モアイ寄贈を約束 

ラパヌイでならこんくらい造れるだろ
チリのセバスティアン・ピニェーラ大統領が南三陸町の志津川を訪れたとか。
当ブログでも以前触れた、去年の津波で壊れちまったモアイさんの再建を約束したそうです。

実は先月のうちに再建の噂だけは耳にしとりまして。まぁその頃は未だ計画段階、プロジェクトも始動するか否かは不透明なイメージだったんですが、この度大統領の日本でのハッキリとした発言があり、そうかそうかやっぱりやってくれますか、と個人的にゃ喜んどる次第。

ワシの知る限りでは、寄贈するモアイさんは可能であればラパヌイの石を使ってラパヌイの手で造る、という事になっとる筈です。無論世界遺産のラノララクから切り出すのは不可能なんで、別の島の石。
因みに壊れたモアイさんはチリ本土の石でチリ本土人によって造られたモノ。

ラパヌイでもその件が早速知られるところとなりまして、若干物議を醸し出しとる模様。
どうやら 「理由は兎も角、島の石を島外に持ち出して好いものか?」 との意見があるっぽい。

活発化した先住民権回復運動もあってだろうね、 「また現地は仲間外しの商売に利用されるんじゃないの?」 とか、そんな疑念に駆られちまっとるだけなんだと思う。
東日本大震災後のラパヌイからは、寧ろ何かしらのカタチで復興を応援したいって気持ちは大いに感じるし。

ハッキリ言ってこんなご時世、喩え善意からの行為だとしても、金や儲け話が絡まん筈はないワケで。超自然力やら何やらで知らん間にできちゃった、なんて事があるなら別だが、多少なり人力や燃料を利用するんだから当たり前。

んなら尚更、ラパヌイの目の届かん所で変なのを1体勝手に造られて贈られるよりも島で造ったほうが好いだろ。
少なくともプロジェクトの中核にはなれるし、労働力の対価として潤うんじゃないか?
なにより 「チリじゃなくてラパヌイからの寄贈だ」 と胸を張って言えるでしょうに。

村長さんもラジオで 「今こそ日本から受けた恩恵に報いる時でしょ!」 なんて熱弁してくれとります。
ワシも “メイド・イン・ラパヌイ” ブランドでいくのが最高だと思うんだけどな。

どうあれ、中途で白紙撤回、なんてプロジェクトにならん事を切に願います。


参照:

47NEWS
 チリ大統領が南三陸町訪問 モアイ像寄贈を約束


関連記事:

志津川のモアイさん [ 2011/04/06 ]
モアイを復興の象徴に [ 2011/05/22 ]
スポンサーサイト
2012年03月31日 23:55|トラックバック:0コメント:0

ふぇりあ・お・て・こうら 

名称変更
向かいの村役場駐車場にて、久々にフリーマーケット開催。
今回から地元バンドのライブが加わって更に賑やか。

売りに出されるのは、若干子供向けの商品に傾き気味かな?
それから朝から昼までってな時間帯もあってか、喰いモンが充実し始めました。ラパヌイは朝からモリモリ喰うんだよね、昼飯を調達しようと思っとったんですが、12時頃にゃあほぼ完売…

市の名称も変更されましたよ。
前回までの “デ・ラス・プルガス” から “オ・テ・コウラ” へ。現地語になっても “蚤の市” 。
2012年03月31日 13:32|雑記トラックバック:0コメント:0

わぎゅ~び~ふ 

チリ産和牛ハンバーグ
こんなの見付けて衝動買い。
和牛ハンバーグなんだけどチリ産ってな若干紛らわしい一品。

箱がなんか高級感を漂わせとってなんだこりゃ?と手に取ったら、店のオヤジが 「お前んとこのだ、どうせなら買ってけ」
値段を訊いてビックリ。6個入りで7,700チリペソ (約16米ドル) だって?1個当たり250円くらいか、高ぇよ…

給料前で懐が淋しいんですが、最終的に喰ってもみたい気持ちが勝ってお持ち帰り。
ひとつ125gのハンバーグ、びっくりドンキーにゃ敵わんけど結構デカめなんだな。
明日か明後日に味わってやる。
2012年03月30日 23:09|トラックバック:0コメント:0

らんぎ・もてぃほ・はい・とけらう 

大人しかったなぁ
久し振りに職場のボスのお母ちゃん宅へ。
いつもじゃれてくる近所の犬が、今日も 「遊んで」 とやって来る。

ちょっと落ち着いたかな?前は写真なんか撮らせてくれなかったのに。
一頻りチョロチョロと追っ駆けてきて、知らん間にどっかヘ行っちまいました。

昨日のまではお天道さんが威張って暑いくらいだったんですが、一転して小雨交じりの曇り。
風も強くなってきて陽が暮れた後は若干肌寒いくらいです。ちょっと荒れるかな?
彼女の元気がなかったのは天気の所為かも知れん。
2012年03月29日 23:34|トラックバック:0コメント:0

べねふぁくと~らす 

ペルーポテチ
去る日曜日にペルーからいらっしゃったお元気な二人組が、本日島を発たれました。
空港での別れ際、 「好い処だね」 「また来るからね」
そうでしょう?だからワシゃ離れられんのです。

このお二方はワシにとっての大恩人。17年前に初めて南米の地を踏んだ時、それから10年前に再びペルーへ渡って南米生活を始めた頃に、幾度ともなくお世話になった方々。
ラパヌイへ越してきてからとんと疎遠になっとったんですが、今回の訪島の折数年振りに再会。

在住されとる食大国ペルーからたくさん食材を持って来て頂きましたよ。ホントにありがとさんです。
「最近はこんなのもあるのよ」 と、ペルー産のポテトチップスなんてオモシロいモンも。

もち米まで頂きました。コレは非常に嬉しいっす。近々チマキもどきでも作ってみよう。
ペルーはやっぱ凄いよな、なんでも手に入っちまう。

って、今回は 「取り敢えず独り立ちしましたよ」 的に挨拶するつもりが、夕食まで招待される始末。
結局また存分にお世話になっちまって…

お二人には未だ未だ敵わん事を思い知らされましたわ。つか、この先もずーっと偉大な先輩なんだろうな。
また遊びに来てくださいね。今度は一緒に村外へも行きましょう。
ワシ等も近くへ行ったら必ずご挨拶に伺います。
2012年03月28日 23:50|トラックバック:0コメント:0

ふぴてる べぬす まひな [ 2012/03/26 ] 

雨が来るかな…?
20時ちょっと前、今日は天気が好いぞってんで再々度タハイへ出掛けようか知らん?とも考えたんですが、東の空に厚い雲、オマケに虹。
また曇っちまうんじゃ行ってもなぁ。3晩連続で家を空けるってのは連れにも悪い気がするし…

なんだかんだ己の内で言い訳付けてパス。


木金月モアイさんなし
ところが陽が沈んだ後の西の空は好い感じ。
飯喰った直後に庭からパチリ。あぁモアイさんが居らんなぁ…

配列は更に変わって、今晩は左から木星、金星、月ですよ。


5 SEC, f/4.0, ISO 200, 40㎜ (35㎜ equivalent focal length)


地球照と金星
望遠でグッと寄って地球照も撮ってみました。
左下に明るく輝くのは金星。

しかしレンズの差なんだろうね、星の写りかたが明るい単焦点と暗めのズームじゃ全然違う。
休暇へ出たら、もっと高感度に強いカメラも手に入れてやるんだ…


2 SEC, f/5.6, ISO 250, 300㎜ (35㎜ equivalent focal length)
2012年03月26日 23:55|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.