ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

いてぃねらりおす・お・て・まぬ・いて・まてぃ 2012 

フライト延期で機長宿泊
先週の金曜日、サンティアゴへ折り返す筈のLA842便が機材故障でマタベリ空港に1泊。
それ程面倒じゃないエンジントラブルだったようで、翌日にゃあ直って飛んで帰りました。
急遽ウチのホテルに宿を取った機長は 「もっと掛かるかと思ったよ…」 と胸を撫で下ろして出発。

ラパヌイにゃ他の機材が常駐してたりとかそんな事はなく、便は到着後1時間程度で出発するんで普段の空港は空っぽ。
こういったテクニカルトラブル (天候での遅延は除く) の場合、それに搭乗する旅客は運航するラン航空の補償で島の何処かの宿を宛がわれ、通常問題のある機材が飛べるようになるまで滞在を強いられます。

じゃあ別のもっと早く出る便に振り替えて… ってのもあるにはあるんでしょうが、便数の少ないラパヌイ発着はほぼ満席運航な場合が殆どなんで運次第。
ただワシが知っとるこの8年ちょっと、1日程度以上の遅れは先ずなかったですな。


ところで3月のラン航空スケジュール。
超繁忙期のみ臨時に増やされとったLA843-844便がなくなります。

また、第2週終了と同時にサマータイムが終了するのに伴って発着時刻が前月のそれから1時間ずれます。
政府から昨年、一昨年のような 「夏を延長するぞ」 的お達しは今んとこないモンで、今年は例年通り冬時間へ移行すると思われ。

因みにこの記事のスケジュールはサマータイム終了後のものにしとります。
サンティアゴとラパヌイに限って3月10日以前の発着時刻は下記のそれより押し並べて1時間くらい遅いっすから注意。
タヒチのパペエテとペルーのリマの時刻は前後で変わりませんので悪しからず。


日曜日:
 LA848 : 01:15 [ LIM 発] → 05:50 [ IPC 着] 所要 5時間35分
  同便 : 07:00 [ IPC 発] → 13:45 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA847 : 12:50 [ SCL 発] → 15:30 [ IPC 着] 所要 5時間40分
  同便 : 16:40 [ IPC 発] → 22:30 [ LIM 着] 所要 4時間50分

月曜日:
 LA841 : 08:25 [ SCL 発] → 12:05 [ IPC 着] 所要 5時間40分
 LA842 : 13:05 [ IPC 発] → 19:50 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA833 : 17:25 [ SCL 発] → 20:05 [ IPC 着] 所要 5時間25分
  同便 : 21:30 [ IPC 発] → 23:20 [ PPT 着] 所要 5時間50分

火曜日:
 LA836 : 00:20 [ PPT 発] → 09:45 [ IPC 着] 所要 5時間25分
 LA836 : 10:55 [ IPC 発] → 17:40 [ SCL 着] 所要 4時間45分

水曜日:
 LA848 : 01:15 [ LIM 発] → 05:50 [ IPC 着] 所要 5時間35分
  同便 : 07:00 [ IPC 発] → 13:45 [ SCL 着] 所要 4時間45分
 LA847 : 12:50 [ SCL 発] → 15:30 [ IPC 着] 所要 5時間40分
  同便 : 16:40 [ IPC 発] → 22:30 [ LIM 着] 所要 4時間50分

木曜日:
 LA841 : 08:25 [ SCL 発] → 12:05 [ IPC 着] 所要 5時間40分
 LA842 : 13:05 [ IPC 発] → 19:50 [ SCL 着] 所要 4時間45分

金曜日:
 LA841 : 08:25 [ SCL 発] → 12:05 [ IPC 着] 所要 5時間40分
 LA842 : 13:05 [ IPC 発] → 19:50 [ SCL 着] 所要 4時間45分

土曜日:
 LA841 : 08:25 [ SCL 発] → 12:05 [ IPC 着] 所要 5時間40分
 LA842 : 13:05 [ IPC 発] → 19:50 [ SCL 着] 所要 4時間45分


※註:
 ・ LA○○○ = 便名
 ・ IPC = マタベリ (ラパヌイ)、SCL = サンティアゴ (チリ) 、PPT = パペエテ (タヒチ) 、LIM = リマ (ペルー)
 ・ +1 = 出発日の翌日付着
 ・ 3月末日までの冬時間開始後 (11日以降) のスケジュール (一応)
 ・ サンティアゴ及びラパヌイの発着時刻は夏時間中 (10日まで) 上記の約1時間遅れ
 ・ LAN.com 調べ
スポンサーサイト
2012年02月29日 13:11|トラックバック:0コメント:0

もんすてら・でりしお~さ 

モンステラの花
庭のモンステラ。
先日からボチボチ実が現れ始め、今日白い蕾がひとつ開いたんでパチリ。

だけど花だと思っとったのは “仏炎苞” って葉なんだって。
ミズバショウの白い部分と一緒だとか、へぇ。

ホントの花はその中の “肉穂花序” と呼ばれる部分にポチポチと付いたビラビラらしい。上の画像をクリックして大きくしたら判るかな?くらい小っこい。
因みに、モンステラもミズバショウも同じサトイモ科でした。


葉が特徴的
モンステラの特徴は何といっても葉の形状でしょうな。縦長なハート型にズバッと幾つも切れ込みが入っとる感じ。
ウチの庭のはモンテスラ・デリシオサって種類だそうな。葉は1m近くまで育つかなりデカめなヤツ。

原産地のメキシコや中央アメリカ辺りにゃ30種類くらいあるようですな。葉の大きさや切れ込み具合はいろいろある模様。
日本にも観葉植物として何種類かあるよね。ワシも誰かん家で見た記憶があるし、一緒にツアーに出掛けたうちで 「ウチにあるよ。でももっと小さいな」 なんて仰る方々が今まで何名かありました。


果実
苞葉が落ちる頃になると花序は緑に変色。この内側に白い果肉が詰まっとります。そこんとこを喰うワケ。

以前捥ぎ立てのを喰わせて貰った際、果肉は甘かったんだけど黒い種が辛くて酷い思いをした経験アリ。
調べてみたら、普通は追熟させてから口にするそう。種が取り除けない内はシュウ酸つーヤバい劇物入りなんですと…

追熟は紙に包んで行うみたい。
なんせ “美味しい怪物” って名前だモンな、明日にでも数本捥ぎって完熟させてみよう。
味のレポートは数日後…かな?


分類:
科: サトイモ科 (Araceae)
属: ホウライショウ属 (Monstera)
種: モンステラ・デリシオサ (M. deliciosa)
和名: モンステラ、ホウライショウ (鳳来蕉)


参考:
Weblio辞書
 ほうらいしょう (鳳来蕉)
 ぶつえんほう
ボタニックガーデン
 ほうらいしょう (鳳来蕉)
観葉植物studio
 モンステラ
ウィキペディア
 モンステラ属
 ミズバショウ
Wikipedia
 Monstera deliciosa

この記事の続きを読む…
2012年02月28日 23:48|トラックバック:0コメント:0

ぺれおあ・おおね 

車両返却…?
ボスに乗り回されとった業務用の車が1週間振りに返ってきました。
車なしのドライバ期間終了。

「ありがとよ。お前の車だホラ持ってけ」
いや、ワシのじゃないんだけどね。兎に角通勤は楽になりますわありがとさん。

家へ乗って帰って2時間程念入りに洗車。
未舗装の道もあるから窓を開けて走った後は土埃が酷いんだよね…
んま、車を綺麗に保つのもワシの仕事だ。

さてと明日からはオーブンみたいなオフィスから解放されるかなぁ?
2012年02月27日 23:55|雑記トラックバック:0コメント:2

べあべあ・くり・ぽき 

暑い…
容赦なく暑いっす。
朝方に待望の雨があったものの、30分も降らずにその後は晴天でムシムシ。
洗濯物やら庭の手入れやらが捗って有難かったんですが、仔猫どもは暑さに参ってご覧の通り。

陽が暮れてからは涼しい風が吹いてきました。
助かった、と思いきや、引っ繰り返っとった連中が息を吹き返して所狭しと大暴れに暴れとりますよ。
今晩もユックリ寝かせて貰えんのかなぁ…

この記事の続きを読む…
2012年02月26日 23:42|トラックバック:0コメント:0

あんが・も・て・ふぉと 

客室撮影
んで本日の業務。
「ヨーロッパの旅行社がカタログに載せるホテルの写真を欲しがってる」 そうで撮影係。
大した機材は持っとらんですが、取り敢えず三脚とレリーズ使用で数カットパチリ。

出勤途中に擦れ違った友達に 「何処行くの?」 なんて訊かれて仕事だと答えたら、 「オモシロそうなモン持ってるからさ、遊びに行くんだと思った」
今日は撮るだけだったからカメラ機材だけ抱えて歩いとったんだよな、傍目にゃそう映ったか。

しかし遂に “写真撮るだけ” ってな業務日まで出てくるようになったか。
まぁ好きだから楽しいんだけど、飽くまで素人の趣味なんだよな、期待されると恐縮しちまう…
2012年02月25日 23:59|雑記トラックバック:0コメント:2

ぴぴ~・て・ばい・お・て・ぽこぽこ 

消防署から借用 豪快に
昨日の業務。
ホテルのプールの水がかなり汚れてきちまったんで交換。
ただ捨てるんじゃ勿体ないから庭に撒くべ、とボスは向かいの消防署から排水ポンプを借りてきました。

図太いホースでドババと吸い出すモンだからこりゃあそれなりに早く終わるだろ、なんて甘い考えとは裏腹に、水は延々と吐き出される。
見た目はそんなに大きくないプールなんだけれど、空にするまで所要6時間。後で聞いたら 「少なくとも30,000ℓは入る」 んだってさ…

確かにコレをまんま捨てるんじゃ勿体ないし、矢鱈暑い日にゃあ好都合な納涼作業だったし。
しかし水の力ってのは凄いすねぇ。ホースが大蛇のように暴れるのを止めるのに2人掛かりで必死。消防士が連なって支える意味がよぉく解りましたよ。
2012年02月25日 23:33|雑記トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.