ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

おてぃ・て・まろ 

南晴れ
台風一過。
昨日の午後から回復に向かい、今日は清々しく晴れた…


北曇り
…のはラノカウ山側。テレバカ山側は若干雨も降っとるんじゃないかってな曇り具合。
雲のポジションは殆ど変わらず、南と北で空模様がハッキリと違った1日。

車で出掛けた昼間、走る向きで印象が全く違う。
南向きに走らせると青空の下で水面が光り、北へ向かえばドンヨリ重く垂れる雲で色が褪せる。
ナカナカオモロい体験でした。

天候不順な雨季のラパヌイじゃしょっちゅうある事なのかも知れんけど記憶にないな。
何故だか今日は気になった。


社会科見学?
そんな日中、職場前の消防署が賑わう。
朝から夕方まで、引っ切り無しにガキンチョ襲来。署内や車の話を聞いて、何やら社会科見学っぽい。
続々と集まっちゃお礼を言って帰って行く児童のユニフォームから察すると、島内の全校が順繰りに来たみたい。

今年初頭は異常に火事が多かったし、去年、今年と立て続けに津波警報が出たし、防災意識を高める為かね?
去年はやってなかった筈。





6月最終日終了。
2011年も半分過ぎました。

この記事の続きを読む…
スポンサーサイト
2011年06月30日 23:56|トラックバック:0コメント:0

ひおひお・て・とけらう 

嵐だな…
昨日からの風は未だに治まらず。寧ろ強くなる一方です。
午後からドンドン勢いを増してきて、今もトタン屋根がバタバタと喧しく風に煽られとります。
時折雨も降ってくる。土砂降りが続かないだけマシですが。

今見た予報じゃこの天気、明日の日中いっぱい続きそう。
今夜ばっかりは、明日外勤の予定がないのが有難いなぁ。
って思うぐらい、表は風が吹き荒れ放題。
2011年06月28日 23:59|トラックバック:0コメント:2

ぺどろ・ぱぶろ、うあ・とけらう、いんてるねっと・ころ・いてぃいてぃ 

昼頃はそれなりだったんだが…
昨日は聖ペドロと聖パブロの日で祝日。
朝方に中心街で恒例の行進があったようなんですが、ワシゃ非番で家に居ったモンで。
もうひとつの恒例、ウム料理も振る舞っとったなぁ。素通りしちまったけど。

ところで天候。数日は比較的落ち着いとったのに、昼下がりから荒れとります。
風が強くて降ったり止んだり。暗くなってくる頃にゃ停電もあった。今回は1時間程度で回復してくれましたが。

日中はそれなりに晴れて、タハイまで好い気分で散歩できるくらいだったのにな。
やっぱ雨季なんだと思い知らされる。

ところでインターネット。ここ暫くずっと調子が悪いんです。
コレも天候の所為なのかね?モバイルブロードバンド接続は速度が全く上がらんのだ。
今晩はメールサイトへのアクセスにも支障を来たす始末。ついさっきやっと返信できた。

新しいプロバイダが参入するってな噂を聞く。
ホントに入ってきてくれりゃ、ちょっとはマシなサービスになるかなぁ?
2011年06月28日 02:13|トラックバック:0コメント:1

ねね・て・ちゃ~しゅ~ 

叉焼丼
今晩は叉焼丼。久々に手間を掛けた料理。
一緒に玉子も煮てみましたよ。40分で上げてみたら肉がトロトロ。

明日の弁当にもなるな。
2011年06月27日 23:34|トラックバック:0コメント:0

ほあきん・ありき・おかよ・そらる 

ホアキンくん 2ヶ月
ホセさんとルスマさんの孫到着。
6歳のアタリキと一緒に来た生後2ヶ月の弟、ホアキンくんは初ラパヌイ。

第2子を授かったお母ちゃん、メラヒさんは、晴れて本土サンティアゴの大学を卒業したそうで、これから島で息子達を育てていくんだとか。
親父で旦那のテトさんは、サンティアゴに残って暫く単身赴任。来年の3月には本格的に島へ移住してくるらしい。

しかしアタリキもホアキンも、姓は組合せの関係で “オカヨ・ソラル” と、どっちもチリ本土系なんだよな。
まぁ間違いなく血を受け継いどるし、これから島で育つんだし、立派なラパヌイの次世代なんだけど。

因みにコッチの人間は、名前を2つ、姓を2つ持っとるのが普通です。
2011年06月26日 20:08|トラックバック:0コメント:0

らいと・ふぃ~るど・かめら 

なんだか今までの常識を覆すようなカメラが開発されとるようです。
ピント合わせがパソコンのソフトでできちまうんだとか。

以下ITmedia ニュースの記事からの引用↓

ピントは後から合わせればいい──米企業、画期的なカメラを製品化へ
ピントは写真を撮った後で合わせればいい──米国のベンチャーLytroが画期的なデジタルカメラを開発し、年内に発売する予定だと発表した。特殊なイメージセンサーと計算処理により、撮影後にピント位置を好きなように変えられるという。




近くに合わせる
要は、こんな感じで撮った後、 「やっぱりモアイさんにピントを合わせりゃ好かった」 となったら、


遠くに合わせる
こう修正できちまうって事だよな。
確かに画期的。開発に成功すりゃピンボケ写真ってのからオサラバ。撮影失敗ってのがかなりなくなるワケだ。
ホントに出たら、カメラの主流は間違いなくこの技術を採り入れたモノになってくだろうな。

多分、殆どカメラに興味がなかった以前であれば、諸手を挙げてこの技術革新を称賛したと思う。
然る処で学んだ事もないし、腕なんてないし、ほぼ運任せで島の様子を撮りましょってな具合だから、パソコンのモニタで確認して、 「うわピンボケ、ダメだ…」 なんて失敗も多いんですわ。
このカメラがあれば、天気が好くなるのを待ったりしてもう一度撮りに行くってな手間が省ける。

だけど現行のカメラ、生まれて初めてのデジ一を手に入れてからは、シャッターを切るのが楽しくてしょうがない。
なんつーのかな?今じゃ失敗して悔しいのまで含めてオモロいんですよ。寧ろ、次は旨く撮ってやる、みたいにいろいろ考えてワクワクする。

んで、いざバッチリ撮れた時は凄く嬉しい。
この嬉しさがなかったら、写真を撮らないかも知れない。

近い将来、 「ワシの頃は撮る時にピントを合わせたんだ」 なんて語って、若い連中に鼻であしらわれるようになるのかね?
それが撮影の醍醐味のひとつだと考えるのは古い、なんて時代が来るのかな?

テクノロジーが向上するのは有難い事だと思うけど、ちょっと複雑な気分だ…
んま、ド素人の戯言ですが。


参照:
ITmedia ニュース
 ピントは後から合わせればいい──米企業、画期的なカメラを製品化へ
2011年06月25日 19:24|雑記トラックバック:0コメント:3

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.