ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

ぺりぐろ・いて・ぷえぶろ 

呉々も足元に注意
以前から危ないぞと思っとったんですが、先日遂に大事故発生。
先週の島全土が停電して街灯も点かなかった夜、ウチのホテルに泊っとった観光客のおばちゃんが排水溝の蓋がない所へ落っこって、足関節が大きく外れちまいました。恐らく骨折もした模様。更に腕なんかも打撲複数箇所。

到着当日の夜だったみたいで、翌日から予定しとった滞在中のツアーは全てキャンセル。
聞けば、 「この歳になってやっと自由な時間ができて、一所懸命お金を貯めて、楽しみにして来たんだけどね」
ホントにお気の毒です。悔しいよね。慰めるにもどんな言葉を掛けりゃ好いのやら…

おばちゃんはろくにモアイさんを観る事もなく、先日島を発ちました。
可哀想に、その上ラパヌイの病院じゃ応急処置でギプスで固定する程度しか叶わず、直ぐにオーストラリアへ帰国して、それから治療するしかないんだとか。


ところで、この類いの事故は多分、初めてじゃないと思う。斯く言うワシも、少なくとも2度は落ちとるし、酔っ払いだか誰だかの車が転落した事もあった。

村内の繁華地域に整備されとるその排水溝は、目測で1mはあろうか、くらいの、誤って落ちた場合は屈強なアニキでも大怪我しちまいそうな深さなんですわ。
街灯が点いとったって、村の夜はそんなに明るくありません。気を付けとらんと見落とす可能性もある。

落ちた経験のあるワシを含め、コミュニティから役場へは幾度も 「何とかならんモンか?」 と意見を挙げとるんですが、今のところ改善される気配なし。
自己防衛って意味も含め、ラパヌイ滞在中に夜の散歩も楽しみたい方々は、懐中電灯の携帯をお勧めします。


「島で夜間のスリや強盗といった類の被害は聞いた事がありません。けれども自分の足元と野良犬には注意して」
ワシが請け負う観光客へ、到着時に伝える注意点のひとつです。
スポンサーサイト
2011年05月31日 16:40|トラックバック:0コメント:0

えくすぽししおん・ぴえ~る・ろてぃ 

ピエール・ロティ展開催中
島の博物館にて、ピエール・ロティ展が催されとります。
日曜日に覘いてきましたよ。

ロティ (本名: ルイ・マリー=ジュリアン・ヴィオー) は1872年にラパヌイへ来航し、後に紀行文やスケッチというカタチで、当時の記録を残したフランス海軍兵。
今日、一般的には作家、物書きとして知られとる人物で、 “ピエール・ロティ” ってのもペンネームなんですが、ラパヌイ寄港時は未だ文壇デビューする前。

日本では 「江戸の舞踏会」 や 「お菊さん」 なんかの著者として有名なのかな?
芥川龍之介氏の作品にも登場しとります。

展示の主は、ロティが残した資料による19世紀後半当時のラパヌイの様子なんだけれども、彼の人間性が窺える情報なんかもあって、思った以上に楽しめました。
どうやらコスプレが趣味、変装癖があったらしく、いろんな国の衣装を纏った写真も数点、かなり大きく紹介されとった。


ピエール・ロティ展は博物館本館隣の特別展示館で、7月末日まで続けられる予定です。
期間中に来島されるようでしたらどうぞ。
2011年05月30日 22:56|トラックバック:0コメント:0

ばすれ~ろ・いて・あら 

ゴミ箱設置
オフィスの前にゴミ箱が設置されました。
記された焼き印を見る限りじゃ、スポンサーはラン航空。島の若いのを使って村のいろんなところに作ってるみたいですわ。

そんなに大きくなく、直ぐに溢れそうだなぁ。
多分、 「家庭で出たゴミを集める為じゃねぇぞ、ソッチは各々で処理してくれ」 って事もあって、この容量なんだろう。飽くまでも散歩中に出るくらいの簡単なゴミ用だ。

職場のボスは設置後に直ぐ様やってきて、 「ヒヒヒ、いつまで持つだろうな」
そうなんだよ。こんな丁度好いモンがあったら村の連中は馬を繋げるし、気に入った輩が引っこ抜いて持って帰っちまったりもするし…

んでもって、ゴミをポイ捨てしとるのの大半は、ラパヌイも含めたチリ人なんだよな。
国外から来たってな観光客が故意にゴミを散らかしとるのなんて、殆ど目にしないんだ。

設置と並行して教育なりキャンペーンなりもせんと、タダの投資損になっちまうんじゃねぇかな?
んま、ラン航空さんは人気取りの為の捨て金くらいにしか思っとらんのかも知れんが。


どうあれ、「通りにゴミを投げ捨てるな」 って考えや活動は、観光で成り立つ村じゃ特に大切だとは思います。
見合うモンをただ作ってそれでお仕舞い、じゃなくて、意識し続けなさいよって話。
2011年05月28日 16:04|雑記トラックバック:0コメント:4

いびすくす 

雨
ホントは昨日アップするつもりで用意しとった件。
この時期は強めの雨がやっぱり多いですよ、なんて書こうと、オフィスの裏に生えとるウナヅキヒメフヨウを、ずぶ濡れになりながら撮ったんですわ。日の目を見んと苦労が水の泡になっちまうんでアゲとこうかと。

コレだけじゃ淋しいから、過去に撮った写真も併せて。


頷き姫芙蓉
ウナヅキヒメフヨウは、ラパヌイじゃ “開かないハイビスカス” として知られとります。実際上の写真くらいまでしか花弁が開かない。
英語圏じゃ “スリーピング・ハイビスカス” とか、なんか咥えとるような様相から “シガレット・ハイビスカス” なんて呼ばれたりもするらしいですな。

ホテル内やら役場やら、村内のいろんな所にある上、鮮やかな紅い花を付けるんで、歩いとると結構目に留まります。
メキシコ辺りが原産らしく、中米からペルーくらいまでに分布するんだとか。


分類:
科: アオイ科 (Malvaceae)
属: ヒメフヨウ属 (Arboreus)
種: VAR.メヒカヌス (var. mexicanus)
和名: ウナヅキヒメフヨウ (頷き姫芙蓉)


仏桑華
んで、日本で一般的に “ハイビスカス” として知られるような容姿の花も、勿論咲くワケです。
花のカタチと葉がギザギザな事から、ハワイなんかでつくられた交配品種じゃなく、東南アジアか中国原産の “仏桑華” だと思う。


分類:
科: アオイ科 (Malvaceae)
属: フヨウ属 (Hibiscus)
種: ロサ-シネンシス (rosa-sinensis)
和名: ブッソウゲ (仏桑華)


参考:
Weblio辞書
 頷き姫芙蓉とは
 ハイビスカスとは
 Hibiscus rosa-sinensisとは
Y.HADA'S Home Page
 ウナズキヒメフヨウ Malvaviscus arboreus var. mexicanus
shu(^^) Homepage, ボタニックガーデン (Botanic Garden)
 ウナヅキヒメフヨウ (Malvaviscus arboreus var. mexicanus)



ところで、今日の夕方も1時間程停電。
未だ短いほうだったんで、大きな不都合は特になかったんですが、暗くなった後毎日消えるってのは不便極まりないぞ…
2011年05月27日 21:54|トラックバック:0コメント:0

えすこるぴおん [ 2011/05/26 ] 

さそり座
昨日、昼を過ぎた頃から停電。発電タービンのメンテナンスによるものだったようで、ラジオで予告されとったみたい。
不定期だけど、こんな事はしょっちゅうある。

いつもなら18時くらいにゃ復旧するんですが、昨日はウンザリする程長引きました。
日没後、19時頃に一瞬通電するものの、20分程度でダウン。20時半頃に復活して、直ぐに再び真っ暗。

結局安定したのは23時を回った後。
博物館の夜間イベントがあった筈なんですが、家の電気が点かんのに外出するってのはセキュリティ上ちょっと心配だってんでパス。
つか、館も停電しとったんだろうな。島全体が暗かったし。

オマケにその後もネット接続叶わず。だから起床後早々の愚痴ブログ。
しかし、絶海の孤島な上にワシ等は慣れっこだから、先の読めん停電でも愚痴程度で済むんだな。


けれどもまぁ、街灯やら家の灯りやらがなかったお蔭で星は好く観えましたよ。
雲がかなり多かったけど、20時15分頃にゃ東の空にさそり座が浮かんどりました。
撮影は家の庭から。


露出をプラス補正
現像ソフトで露出を補正してみたらこんな感じでした。邪魔な雲もあるけれど、なんとなく天の川も撮れとった (画像クリックして拡大すればより判ります) 。
右下から妙に明るいのは、その方角の先で自家発電機かなんかで点灯しとったモンだから。


25 SEC, f/1.7, ISO 100, 40㎜ (35㎜ equivalent focal length)
2011年05月27日 08:21|トラックバック:0コメント:0

かんたす・ぼ~いんぐ 747-400 

カンタス航空機
昨日の午後、西欧系メインのグループがチャータ機で来島。

機材はカンタス航空のボーイング747-400型。2011年F1オーストラリアグランプリのラッピングボディ。
久々に4発機が来たなぁ。ラン航空は767に1本化したようで、エアバス340が全然来なくなっちまったからね。

ラパヌイ滞在は1日弱。1時間くらい前に轟音を響かせながら飛んで行きましたよ。
2011年05月25日 16:47|雑記トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.