ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

ぴあ・たいな 

11月29日
新たなラパヌイ地ビール発見。
目に留まったペールエール、スタウト、ブラックインディアペールエールの3種類を買ってみましたよ。

やっぱ地ビールとなるとモッタリしちまうモンなのかね? 亜熱帯の島、特に暑い季節にゃ重過ぎるよなぁ…
チリ本土、寒い南部なんかだったら有り難い口当たりかも知れんが。

タヒチのマヒナ、メキシコのコロナみたいな涼しく呑めるビールみたいなのは造れんのでしょか?
1本2,500チリペソ。既存のマヒナとほぼ同額。

そういやアキヴィってのもあったけど、もうマッタク見掛けないなぁ。

この記事の続きを読む…
スポンサーサイト
2018年12月06日 12:42|トラックバック:0コメント:0

くま~・ぽら~ 

6月12日
喰えちまう類の土産物っつったら暫くモアイさん型のチョコレートくらいしかなかったんですがね、この度ラパヌイ産のスナック菓子が其処いらの商店にお目見えしまして。

所謂おさつチップスってヤツ。
ポリネシアの芋となるとタロイモかサツマイモだものなぁ。

揚げてはあるけど塩はまぁふられとらん。
物足りなけりゃ自分でふっちまえば問題なしか。

気になるのはその値段。35gの小袋1つで1,500チリペソ、260円くらいする (2018年6月現在) 。
ワシが買った店が高めに設定しとったのかもだけれど、他の処だってそんなに安くないと思う。

待ちゃ熟れてくるのか知らん?
その前に生産中止、なんて事だけは避けて貰いたいトコ…
2018年06月20日 12:50|トラックバック:0コメント:0

うむ・いて・はんがぴこ 

聖ペドロと聖パブロの日
6月29日。聖ペドロと聖パブロの日。
聖人の日に行われる振舞い料理があるってんで、ご一緒させて頂いとる日本人グループと遊びに行ってみる。

この日は村内外3ヶ所で催されたらしい。ワシ等は船着場、ハンガピコのパーティへ。
タダで飯が喰えるってのも手伝ってか、会場は大盛況。毎度の事ですけどね。

この記事の続きを読む…
2015年07月04日 18:35|トラックバック:0コメント:0

ぴあ・あきび 

アキヴィビール
ヒョンな事から手に入れた ”アキヴィビール”
地ビールらしいけど、どうやら島の外から持ってきたっぽい。

ちょっと酸っぱ過ぎるかなぁ。ウームと唸っちまうような味。
先月呑んでみたんですが、その後何処を探しても売ってないのよね。
んま、こんなのがありましたわってな報告。
2015年04月21日 01:55|トラックバック:0コメント:0

そぱ・かぽね・はい・ぴあ・りばりば 

年越し蕎麦?
年越し蕎麦… ならぬ、5日に喰ったからフツーの蕎麦だなぁ。
まぁフツーと言えんくらいゴーカイにトッピングしてみましたけどね。卵からササミからべんり菜からワカメから連れ手作りのはんぺんから何年前のだか判らん餅から、兎に角ありったけの具材をドカドカッと。

大したご馳走がない島だからか、スペシャルな時ゃなんでもかんでも盛り合わせたくなっちまう。
僻地流の贅沢。偶にゃあイイでしょ、上品なモンじゃあないけれど。

正月だからやっぱ熱い蕎麦だろ。
ラパヌイは真夏なのにハフハフ汗を拭いながら。
やっぱ冷やしにしときゃ好かったのかなぁ… いつもはうどん派なワシも、久々の蕎麦は嬉しいわ。

この記事の続きを読む…
2015年01月09日 03:32|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.